2010年05月11日

0613『人並みといふこと』

★★★★★5

人並みといふこと

人並みといふこと

  • 作者: しりあがり 寿
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2008/07/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



漫画家しりあがり寿さんのエッセイ集である。
エッセイ集であるのだから、全体のまとまりは、著者という「ヒト」という柱である。
でもこのエッセイ集は、それに加えて大和書房HP連載「人並みといふこと」という題名にもなっているテーマがあるため、ところがどうして、なかなかに一本柱が立つのである。

押井守氏の言う「凡人」とか(『凡人として生きるということ』)、阿部謹也『「世間」とは何か』、村上龍氏のいう世間(はない)とか、
「ふつー」
それについて掘り下げていく。

それは、世間という時に自分で考えることをせず大衆におもねることであったり、簡単にはシアワセをつかめなくなった個人主義の時代の憂いであったり、なくなることで他人との「共感」が難しくなった共有していた空気であったりする。

巻末には、人並みとは言えない夫婦の『他所(よそ)へ・・・』という短い漫画が暗示的に収録されています。

でも今は違う、人並みに落ち着こうと思っても世界の変化はそれを許さない。(…)「人並み」が高嶺の花になっちゃったみたいだ。
(…)
 一生勤めようと思った会社がつぶれ、苦労して習得した技術がたちまち時代おくれになり、時代が変われば自らが得た人生訓を子に継ぐこともできない。モノゴトは流行っては廃れ、盛者必衰はひっきりなし、善悪や好悪や敵味方やあらゆる価値観までもがルーレットの目の上に乗せられ、「ここに賭けて」と悲鳴を上げている。
 そのうえ、いつだって賭けなかった方の目、失われた別の可能性の亡霊がボクたちを苛立たせる。「もっといい選択はなかったのか?」「あっちのほうがシアワセそうだぜ」「自分の人生は無限の可能性のたったひとつに過ぎない」。(p225,226「おわりに」)
posted by B&M at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。