2010年04月06日

0575『カノッサの屈辱』

★★★★4

カノッサの屈辱

カノッサの屈辱

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: フジテレビ出版
  • 発売日: 2004/08
  • メディア: 単行本




カノッサの屈辱 - Wikipedia
ってなんだ、と思った。調べてみたが、やっぱりよくわからなかった。キリスト教圏の話みたい。

フジテレビ黄金期を飾った、伝説のカルチャー・歴史パロディ番組の書籍という。
アイスクリーム業界のことを、「アイスクリームルネッサンス史」。
ドライや生、ビール業界は「幕末ビール維新」。
流行や社会の兆候を歴史の史実になぞらえて解説している。

 '80年代に入ると、カップルはクルマを使って目的地へ向かうことを覚え始めた。そこでは、かつて女性の心を生殖行為へと導くために必ず要求されていた"自宅からいかに距離と時間をおくかという原則"をクルマによって破壊した。(…)ここで重要なことは、海外旅行においてクルマを必要としなくなった女性たちが、同時に男声を排斥し始めたという事実である。(…)しかし成田空港に到着したとたん、いきなり歩かなくなる彼女たち。出迎えるアッシーたちのあいだで、それは「アルキダメデスの法則」と呼ばれた。(p49「女性・旅行力学 時間と空間をとらえて」)


Amazonのレビューで「歴史を学ぶことは果たして役に立たないことなのでしょうか。
いえ、そんな事はありません。中学、高校の時に習った歴史は、この本を読むことで「ああ、決して無駄ではなかった」と思えるはずです。」と書かれている人がいたが、そうだよなあ。
歴史が大の苦手な僕なんかでも楽しんで読めるのだから。

知的な雰囲気をかもしだしているのは、年表や、もっともらしい「○○の法則」とか、写真や挿し絵である。
知的な雰囲気だが、茶化している、ユーモアがある、それが楽しい。

僕なんかが好きな、「知的な感じ」がなんなのかが分かる一冊でもある。(それは、本当に知的なこと、ではないのかな?)

家にあったのは復刻版ではなく、元版です。
posted by B&M at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック