2009年06月06日

0441『生きるとは、自分の物語をつくること』

★★★★4
生きるとは、自分の物語をつくること
新潮社
発売日:2008-08
発送時期:在庫あり。
ランキング:39751
おすすめ度:4.5
おすすめ度4 さるきちの物語は・・・。
おすすめ度5 心にしみる対談集。それはまるで、味わい深い二重奏の調べにも似て


帯「河合隼雄氏が倒れられる直前に奇跡のように実現した、貴重な最後の対話。」

小川洋子氏が好きだ。
あの物静かな語り口、物語の森の中からやわらかく語りかけてくるような。

河合隼雄氏が好きだ。
がっはっはと豪快に笑うような、すべてをおおらかに受け入れてくれるような。

二人の対談本とあっては、読まずにはいられない。
興味深い話がたくさんあった。

 比較的若く、二十代の半ばでデビューした私は、折々のインタビューの際、「なぜ小説を書くのですか」と質問されるのが苦痛でなりませんでした。直接そういう言葉で聞かれてなくても、自分の小説について語る必要に迫られた時、書くことの意味を明確にイメージできないでいる自分の未熟さがさらけ出されるようで、怖かったのです。
 自分のために書いているのか。それは直感的に違う気がしていました。こんなちっぽけな自分の中にある何かを吐き出すためだけに書いているのだとしたら、きっとすぐの行き詰まるだろうという予感もありました。では他人のためなのか。そう言い切ってしまうと、所詮作家は読者に媚びているだけなのだと開き直っているようで、ますます本心から遠ざかってゆくばかりです。(p125-126「二人のルート 少し長すぎるあとがき」より)
posted by B&M at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック