2008年10月19日

0379『タブー 若き女編』

★★2
タブー 若き女編 (芳文社コミックス)
坂辺 周一

脅迫、愛人、夜の仕事。
若き女たちの、非道徳な生活。
『闇金ウシジマくん』なんかのほうがリアルだけど、坂辺氏の描く女性は、ハードボイルドな男性誌というか、そういう感じの絵柄で、大人な女性のエロさがよく出ている。

私はもう元の暮らしには戻れない女になっていた
私には元の生活に戻れる程の心の強さはなかった・・・(「火曜日の愛人」)
posted by B&M at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック