2008年10月11日

0358『ライチ☆光クラブ』

★★2
ライチ☆光クラブ (f×COMICS)
ライチ☆光クラブ (f×COMICS)
古屋 兎丸,東京グランギニョル「ライチ光クラブ」

その昔暴力や血を題材とした耽美な作品を演じていた劇団「グランギニョル」が、作者古屋氏に影響したものを、今回漫画として起こしたものがこれ。
作者の絵柄が緻密なだけに、そして必要以上に内臓などを描くために、おどろおどろしさは際立っている。
ただ、ちょっとやりすぎじゃないか、なんて思ったりするところもあって。
まあそれなりに楽しんだ。

僕たちのはもっと美しいに決まってるじゃないか(第壱話)
posted by B&M at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック