2019年09月16日

1082『国民クイズ』

★★★★4
国民クイズ  上
国民クイズ 上

国民クイズ 下
国民クイズ 下 杉元伶一・加藤伸吉

kindle版購入。
歴史を解体し、「国民クイズ体制」により統治される日本を描く、壮大な試み。

K井!
お前も番組の司会者ならわかるはずだ!!
日本人がどんな生き物かってことが!!(下巻P428)
posted by B&M at 00:22| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1081『クリームソーダシティ』

★★★3
クリームソーダシティ 完全版
クリームソーダシティ 完全版 長尾謙一郎

kindle購入。
ヴィレッジ・ヴァンガードでポップがつけられていて、興味をもって。

それにしても、いったい何を見せられているんだ、という感覚。

楽園・クリームソーダシティ。

言うなれば人は皆、別々の世界に生きているのでしょう。(p545)


「一度ご自身の"世界"を検証してみてはどうですか?」
posted by B&M at 00:15| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1080『セリー』

★★★★★5
セリー (ビームコミックス)
セリー (ビームコミックス) 森泉岳士

kindle購入。
レビューに、コミック版(リアルな紙)で読まないと、その仕掛けには気づけないとあったから、コミック版で読んだほうがいいのかもしれない。
サンプルを読んで、すぐ読みたくなったのでkindle版で購入してしまった。

世界の終末。
こんなAIの傍らで、人類は滅びてしまうのだろうか。

孤独な五〇〇年だった(p100)
posted by B&M at 00:12| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1079『夜よる傍らに』

★★★★★5
夜よる傍に (ビームコミックス)
夜よる傍に (ビームコミックス) 森泉岳士

kindle購入。
サンプルを見て、読まずにはいられなくなって。

墨をたらして描くという独特な技法は、kindle版ではなくコミック版のほうがより味わい深いらしいが。

絵本を探すミステリー、クライマックスのスケールの大きさ、
画力、
その世界にずっといたいと思わせる空気感世界感。

夜更かししている夜に読むと、また格別。

わたし美琴っていいます
はじめまして
お願いがあるんですーー(ロケーション20/189)
posted by B&M at 00:04| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

1078『珈琲桟敷の人々』

★★★★4
珈琲桟敷の人々 シリーズ小さな喫茶店 (ビームコミックス)
珈琲桟敷の人々 シリーズ小さな喫茶店 (ビームコミックス) 山川直人

kineld購入。
シリーズ「小さな喫茶店」。
やっぱりいい。

編み物をしてるといろんなことがどうでもよくなる
学校にも また 行けるようになった
(…)
吉本さんも丸山くんも ぜんぜんわかってない
私はただ・・・
編み物が好きなだけ(P12)
posted by B&M at 23:59| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1077『一杯の珈琲から』

★★★★4
一杯の珈琲から シリーズ小さな喫茶店 (ビームコミックス)
一杯の珈琲から シリーズ小さな喫茶店 (ビームコミックス) 山川直人

kindle購入。
この人の漫画は、ほんとうに、独特な、珈琲のようなほっとするぬくもり。
0396『コーヒーもう一杯』を思い出す。
(ところで、『コーヒーもう一杯』が、つい最近まで全巻Kindle Unlimited読み放題に入っていたのに、今は解除されている……。Kindle Unlimited読み放題、やっぱり結構適当というか、頻繁にラインナップが変わる。Kindle Unlimited読み放題のラインナップにあるから蔵書になった、とは思わないほうがいいなあ。)

マスターには話さなかった
平田は営業成績が落ちて
心の病気で会社を辞めたこと
両親が故郷に連れて帰ったこと
若い頃は俺のほうが
自意識が邪魔して人づきあいが苦手で・・・
それがいつのまにかそれなりに
人と話せるようになったのは
あいつの・・・
平田のおかげだったかもしれないのに・・・(P40)
posted by B&M at 23:56| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1076『バベルの図書館』

★★★★4
バベルの図書館
バベルの図書館 つばな

Kindle購入。
SF。
描かれる世界そのものがすばらしい。

作り出された「運命の出会い」を描く、ちょっとダークなボーイ・ミーツ・ガール。

世界中で沢山の人たちが、毎日まいにち、
頭の中で、紙の上で、パソコンの中で、色んな物を選んだり捨てたりして、
存在しない世界(少なくとも、ここではない世界)の、音や画や光、
そのワンシーンを切り出していると思うと、なんだかとっても素敵ですよね。
そして、それが本や何かしらの形になって、ここに実在し、
受け止めてくれる人がいるという事が、いつもいつもとても嬉しいのです。(あとがき)
posted by B&M at 23:45| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1075『銀輪の巨人』

★★★3
銀輪の巨人
銀輪の巨人 野嶋剛

kindle購入。

とてつもない自転車メーカー「台湾巨大機械」とはなにか?
答えは、GIANT。
自転車産業といえば、かつて日本勢が抜群の実力を誇っていたが、今は見る影もない。
ヨーロッパ、アメリカのトレック、そして台湾のGIANTが三大巨頭だ。
そして今や、台湾が世界のトップに立っている。

 一方、自転車のチャンスは1990年代後半だったのではないだろうか。(No.1721)
posted by B&M at 23:40| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

1074『ゲレクシス』

★★2
ゲレクシス(1) (イブニングコミックス)
ゲレクシス(1) (イブニングコミックス) 古谷実

kindle版購入。
題名に特に意味はないようだ。
漫画の展開は、予測不可能。
突然はじまり、そして突然終わった。
独身のオジサンと、女の店員さんで焼くバームクーヘン。
これぞ古谷ワールド!という感じ。

生まれたての宇宙にはなんにも無かったんだって
星も 光も なんにも無かったんだって
ねえやってみて "生まれたての宇宙" 顔面で表現してみて(1巻No.8)


ゲレクシス(2) (イブニングコミックス)
ゲレクシス(2) (イブニングコミックス)
posted by B&M at 06:21| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

1073『アガペー』

★★★3
アガペー (ビッグコミックス)
アガペー (ビッグコミックス) 真鍋昌平

「ウシジマくん」の作者の、3.11後の短編集4作品。
アイドルのファンになったことがないが、描きたかった「アガペー」。
田舎の生活を妄想してみた「ショッピングモール」。
3.11後の「おなじ風景」。
そして、都会で生き長らえている「東京の女」。

ニュースやツイッターで流れる情報じゃなく皮膚感覚で取材することに決めた瞬間だった。[あとがき]


ロケーション187のくだりは戦慄。

仕事は量じゃない。
どれだけ心を込めたか。(あとがき)
posted by B&M at 19:46| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1072『ファンタジーの世界』

★★2
ファンタジーの世界 (講談社現代新書 517)
ファンタジーの世界 (講談社現代新書 517) 佐藤さとる

リアル本。
小学生の頃、佐藤氏の「誰も知らない小さな国」シリーズを読んで、感動した。
その作者の、ファンタジーに対する姿勢。

 以上、これらの作品を読んで、もし夢中になれない人がいたら、自分は非ファンタジー人種と自覚したほうがいい。もちろん、ファンタジーがわからないといっても、別に人間的な欠陥というわけではないし、むしろ今日的な社会人としては適確であるのかもしれないから、非難する気はまったくないが、しかし人生の大きな喜びの一つをはじめから失っているのは、じつに気の毒という気がする。(p142)
posted by B&M at 19:40| Comment(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1071『いま私たちが考えるべきこと』

★★2
いま私たちが考えるべきこと (新潮文庫)
いま私たちが考えるべきこと (新潮文庫) 橋本治

「私」が含まれる「私たち」がいま考えるべきこと。
思考を促す文章が時に難解だが、それも大事。

「孤独」とか「孤立」と考えてしまうのは、「正しい答は、自分や自分たちではなく、外にある"大きな一体感を示して存在するなにか"が提示してくれるものだ」と考えていた、前近代の名残である。(p252)
posted by B&M at 16:35| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

1070『「脳」整理法』

★1
「脳」整理法 (ちくま新書)
「脳」整理法 (ちくま新書) 茂木健一郎

リアル新書。
情報洪水の時代の、脳の整理法。

ただ、簡単な本ではない。
時に文学的で、抽象的な文章で語られていく脳のミステリー。
ちょっととっつきにくかったかな。

(…)「世界知」と「生活知」をふたたび統合する道筋が見てきています。私たちの脳が、世界をいかに認識し、行動に反映しているか、そのプロセスに含まれる「偶有性」の処理の仕方に、大きなヒントがありそうです。(p217)


脳が認識している、「世界知」と「生活知」の区分にはっとさせられた。
posted by B&M at 07:47| Comment(0) | 整理法・手帳・書斎・家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1069『感じない男』

★★★3
感じない男 (ちくま新書)
感じない男 (ちくま新書) 森岡正博

リアル本。
「男は感じてないんじゃないか」。
だから、ミニスカートだの、制服だの、ロリコンだのといった妄想にふりまわされることになる。
その裏付けのために、男である著者自身が赤裸々に語った新書。

 男はよく、自分が母親の胎内から生まれたということを感慨深く語るが、自分が父親の射精から生まれたということに関しては、徹底的にそれを隠蔽する傾向があるように思われる。その背後には、やはり、射精にまつわる不感症の問題と、男の体が汚いという問題が潜んでいるのではないか。(p171)


現代人は、本能は壊れていて、幻想に縛られて生きている、といった主張は他書にもあるが、幻想をはぎ取っていく読書は苦痛でもあり、快楽でもあった。

posted by B&M at 07:42| Comment(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

1068『思わず考えちゃう』

★★★★4
思わず考えちゃう
思わず考えちゃう ヨシタケシンスケ

出張先で買って、ホテルで読んだリアル本。
ヨシタケさんの絵本の視点は面白くて、
「情熱大陸」で見た、子煩悩、家族思いなところも好き。

今回は絵つきのエッセイのようなもの。
その視点が面白かった。

あなたのおかげで
私はとうとう
あなたが必要なくなりました。
今まで本当にありがとうございました。(p96)
posted by B&M at 17:05| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1067『100円たんけん』

★★★★4
100円たんけん
100円たんけん 中川ひろたか

図書館絵本。
100円で買えるもの、なんだろう?
100均から、近所の商店街へ。
物々交換から、貨幣へ。

この頃、おこづかい、お駄賃や、ものの価値について考えはじめた子どもたちにとって、勉強になる絵本だった。

100円ショップで うっている スポンジと、
サーモン 1かんと、
さんま 1ぴきと、
きゅうり 3ぼんが おんなじ ねだん。
おんなじ ねうちって いうことなんだ。
posted by B&M at 16:52| Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

1066『マザリアン』

★★★★4
マザリアン : 1 (アクションコミックス)
マザリアン : 1 (アクションコミックス) 岡田索雲

Kindle Unlimited読み放題で全巻読めます。

何かと混ざり合ってしまう怪奇現象に巻き込まれた主人公達は・・・?!

岡田氏の漫画ははじめてでしたが、ページをどんどんめくらせる、「読ませる」作家さんでした。
面白くて、一気に読んでしまった。

短い?打ちきり?作者もいやいや描いていた?などのAmazonレビューもあったが、まあこのくらいの長さですとんと終わっているのもいいのかも。

「ほら!下におるってことは 落ちたってことやん!」
「普通に歩いてるで!」
「メットのおかげ?」
「そのためのメット?」
「メットすごない?」(kindle:ロケーション195の87)



マザリアン : 2 (アクションコミックス)
マザリアン : 2 (アクションコミックス)

マザリアン : 3 (アクションコミックス)
マザリアン : 3 (アクションコミックス)
posted by B&M at 06:08| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする