2019年04月29日

1050『ギフト±』

★★★3
ギフト± 1
ギフト± 1 ナガテユカ。

Kindle Unlimited読み放題で10巻まで。
作者女性。
臓器売買の闇。
犯罪者の臓器なら殺して再利用してかまわないか?
犯罪者の更生を期待していないところはあるが、社会の闇をつくところがある。
エログロだが、ストーリーの盛り上げ方など面白かった。
物語は、再生医療やクローンの方向へ。
人間って、なんなんだろう・・・?

子宮亡くして
はじめて"母親”になれたんだから
posted by B&M at 06:13| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1049『離婚してもいいですか? 翔子の場合』

★★★★★5
離婚してもいいですか? 翔子の場合 (コミックエッセイ)
離婚してもいいですか? 翔子の場合 (コミックエッセイ) 野原広子

Kindle Unlimited読み放題。
超面白かった。
人の心の機微を描ける。

作者の実話エッセイコミックかと思ったが、そうでもなさそう。
結婚雑誌みたいなものに、挑戦的に連載したのか?
はじめは無風、そこからぼちぼち感想が、と。
人生いろいろ。すごく面白く読めた。

自分がそんなにストレスためていたなんて気づかなかった。
薬飲んだら体調少し落ち着いた…
この夫とはやっていけない
すでに限界。(p083)


4年前に、下記の前編を上梓されておった。こちらは未読。

離婚してもいいですか? (コミックエッセイ)
離婚してもいいですか? (コミックエッセイ)

posted by B&M at 05:50| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1048『響〜小説家になる方法〜』

★★★3
響〜小説家になる方法〜(1) (ビッグコミックス)
響〜小説家になる方法〜(1) (ビッグコミックス) 柳本光晴

Kindle期間限定無料で3巻まで読んだ。
文壇に現れた新星女子高生。
暴力的で、破天荒だが、新しい風を吹き込み、話題をさらっていく。

天才が既成概念を打ち砕いていく、というありきたりな感じがするが、舞台が文壇なのと、キャラがそれぞれ自立していくところで、面白く読める。
昔、こういうデビューをあこがれて筆を執ったなあ。

出版不況で漫画が売れねーとか言ってっけど、正直、こっちのほうが百倍厳しい…
posted by B&M at 05:38| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1047『亀が無理してロードバイク乗ってみた』

★★2
亀が無理してロードバイク乗ってみた
亀が無理してロードバイク乗ってみた きっか

Kindle Unlimited読み放題。
運動不足漫画家の妻と、ミリタリーオタク夫。

愛車はチェレステカラーのビアンキちゃん。
弱虫ペダル読んで沼にはまる。
事故りそうになったりしながら、夫婦で仲良くライドに参加したり。
自転車好きで読み放題会員なら面白い一冊。

ア〜〜〜♡
ビアンキたんかわいいなー♡
奇麗やなぁ〜〜♡

わたしがロード…か…(ピタ…)

アレッ…?
無理じゃね?(p008)
posted by B&M at 05:29| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

1046『子どもは若殿、姫君か? 現代教育批判』

★★2
子どもは若殿、姫君か? 現代教育論批判 (ディスカヴァー携書)
子どもは若殿、姫君か? 現代教育論批判 (ディスカヴァー携書) 川嶋優

皇太子殿下恩師にして元学習院初等科長、学習院名誉教授。
共感と波紋の講演の完全書籍化。

年号が令和になりますね。
皇太子殿下恩師というのは、売り文句のような気もしますが。
講演の書籍化ということで、章のページ数のバランスとか、この文量で1000円かよというツッコミはさておいて。

現在の教育界にばっこする誤った4つの教育方針、
1.個性尊重
2.親の価値観を押しつけるな
3.教えるな、考えさせよ
4.叱るな(怒るな)
に対する反論。

1、2については、個性なんてはじめからはない。
親の考えをまず押しつけないでどないする、という立場。
それについては、それもそうかもしれない、と思った。

3についても同じ。
教えずに考えさせろなんて無理、という立場。

4については、感情的に怒ることも、場合によっては子どもに響くんじゃありませんか?という感じ。

どれも、そうかもしれないなあ、と思う。
偏りすぎた教育の天秤を、正常に戻すための反論の書、といった感じでもあった。

第8章、9歳までの教育と10歳からの教育を区別する、というのは新しかった。
死の恐怖を理解し始め、抽象を感じ始めたら、臨界期。
ギャングエイジ、小学校では軽んじられているかもしれないけれど、一番重要ですよ、と。

 どうも、理屈で子どもを育てようとしているように思えます。その結果、子どもたちはどうなったでしょうか。そのことの責任をだれに問おうというのでしょうか。育児書にこう書いてあるからではなくて、親は自分の本能で子どもを育てるべきだと思います。(p118)
posted by B&M at 19:47| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

1045『中学なんていらない』

★★★★4
中学なんていらない。 不登校の娘が高校に合格するまで (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
中学なんていらない。 不登校の娘が高校に合格するまで (メディアファクトリーのコミックエッセイ)青木光恵

いじめから、不登校になった中2の娘。
内申点ゼロのその子が、高校へ進学するまでをつづったコミックエッセイ。

自由が一番って思ってたやん!
学歴とかどうてもいいって思ってたやん
(…)
それなのに!
娘にはちゃんと学校に行って勉強して
ちゃんと働いてほしいって思ってる
つまんない!
つまんない人間だな私は!(P38)


図書館本。
親として、身につまされる話ばかり。

担任教師なんてしょせんその年っきりのつき合い
過度な期待はしない!
生徒の将来になーんも責任とらなくっていいんだもんなー。
ーーって今まで何度も思って来ましたが
それにしてもこの3年の時の担任の
ただの傍観者っぷりはすごかったなー 笑える!(p93)


・・・そこの先生、この頃乾いていませんか?
ここに描かれているような中学校には、したくないなあ。
帯をぎゅっと締め直す。

あれから1〜2年後だったかに、公立でもいじめた方の子を学校に来させないように出来る制度が作られたと聞きました。
(…)
子育てにしんどくなった時に私はいつも、娘が生まれてきた時のことを思い出すようにしています。あのとき「生まれてきてくれて良かったー!」って思いました。(…)極端な話、もうそれで全てなんじゃないかと。それ以上は贅沢だと。
学校には通ってなくても生きてるじゃん!良かった!行かなくてもいいよ!(あとがき2014年)


私も父として、お産に立ちあった。
母のそれは体験できないが、生まれてきてくれて良かった。
あなたに会えて、本当に、良かった。(小田和正)
そう思ったものね。
それが全てだものね・・・。
posted by B&M at 23:37| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1044『なぞり猫』

★★2
描いて楽しい なぞり猫
描いて楽しい なぞり猫

子供の塗り絵のレベルアップに。
描写力もついた?
老人福祉施設などでも人気だろう。

開いたままにできる製本。
新しいタイプの塗り絵。

間に、猫に詳しくなれるエッセイあり。
観察は描写の基本。

イデタカコさんのホームページ、猫のイラストがいっぱい。
posted by B&M at 23:26| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする