2014年10月14日

0862『傍聞き』

★★★★4
傍聞き (双葉文庫) -
傍聞き (双葉文庫) - 長岡弘樹

タイトル、《かたえぎき》と読む。
ちょっとした業界用語か。

帯:「おすすめ文庫王国」2012、ダントツの第1位。
この20年で最高の傑作!
仕掛けと感動の珠玉短編を堪能せよ!

とあり、ほんとか、と思って読んで、なかなかどうして、面白かった。

なぜ走り続ける救急車、「迷走」。
母子家庭のほんのり温まる、「傍聞き」。
子と親となると夜泣きでも虐待と言われるくらい深刻な社会問題、「899」。
遠い心の支えが切ない、「迷い箱」。

魅力的な短編集です。

「あれっ、もう読まなくてもいいの、社会面?事件が解決したら用済みってわけ?」
 わざと意地悪な声を出してやると、菜月がこちらに向かって顔を上げた。少し動揺しているように見える。(p104)
posted by B&M at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。