2013年11月28日

0839『かみさまはいる いない?』

★★★★★5
かみさまはいる いない? (谷川俊太郎さんのあかちゃんから絵本) [−] / 谷川俊太郎/文, 清川あさみ/絵 (著); クレヨンハウス (刊)
かみさまはいる いない? (谷川俊太郎さんのあかちゃんから絵本) [−] / 谷川俊太郎/文,...

谷川俊太郎氏の文に、清川あさみという方が絵をつけたもの。
絵は、真っ黒な背景に、ボタンや糸などでコラージュしたようなもので、ぴったりだ。

シンプルに迫力を持って考えさせられる大人の絵本。

神様の代わりに人間が語り、
人間が神様を描き、
神様の人数は分からず、

せかいをこんなにゆたかにおりあげて
もうすることがないのだろうか
かみさまにせかいをまかされて にんげんたちはこまっている
posted by B&M at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0838『おだんごぱん』

★★2
おだんごぱん―ロシアの昔話 (日本傑作絵本シリーズ) [大型本] / わきた かず (イラスト); せた ていじ (翻訳); 福音館書店 (刊)
おだんごぱん―ロシアの昔話 (日本傑作絵本シリーズ) [大型本] / わきた かず (イラスト...

昔、家にあって、読んでもらった記憶のある本。
ロシア民話。
昔のアンパンマンみたいなおだんごぱんの顔が、妙に印象に残っている。
微妙にずバランスのとれていない画風も印象に残っている。

貧乏なおじいさんおばあさんがなけなしの小麦粉で作ったおだんごぱんなのに、2人のもとから去っていく悲哀。
貧乏人は常に貧乏人。

歌を歌っては難を逃れるおだんごぱん。
ずる賢いきつねにだまされて食べられるおたんごぱんは、純粋性や女性を意識させた。

そして、きつねがほくそ笑んで終わり。
すばらしい。

「ぼくは てんかの おだんごぱん。ぼくは、こなばこ ごしごし かいて、 あつめて とって、それに、クリーム たっぷり まぜて、バターで やいて、それから、まどで ひやされた。けれども ぼくは、おじいさんからも、おばあさんからも、にげだしたのさ。おまえなんかに つかまるかい」
posted by B&M at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0837『くさいくさい!』

★★★3
くさいくさい! [大型本] / 和田 登 (著); 和田 春奈 (イラスト); 星の環会 (刊)
くさいくさい! [大型本] / 和田 登 (著); 和田 春奈 (イラスト); 星の環会 (刊)

江戸時代、文政8年末から9年にかけて起こった「善光寺町下肥出入」と言われる事件をもとに作られた絵本。
切り絵風の絵に、昔懐かしい語り口。

 そのように作物がよくとれたわけはだな、ウンチやションベンをいっぱい、えいようとしてくれていたからだぞ。
 きたねえって?
 そんなこたァいっていられなかっただ。
 いまの時代のように、いいヒリョウがなかったもんでな。


いつの時代も、悪知恵を出す者、汗かき働き土から恵みを得る者。

 むかしは、このようなかたちでリサイクルをしていたことを、知っていただけるとうれしいです。また、人々が協力しあって、はじめて住みよい社会ができることも知ってほしいです。(あとがき)
posted by B&M at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

0836『はしれ!カボチャ』

★★★★4
はしれ!カボチャ―ポルトガルのむかしばなし [大型本] / エバ メフト (著); アンドレ レトリア (イラスト); Eva Mejuto, Andre Letria (原著); 宇野 和美 (翻訳); 小学館 (刊)
はしれ!カボチャ―ポルトガルのむかしばなし [大型本] / エバ メフト (著); アンドレ ...

まごむすめの結婚式に行こうとしたが、道中にはこわ〜いケモノがいっぱい。
おばあさんは、カボチャに入って切り抜ける。
ポルトガルの昔話。

すごいのはケモノたちのセリフで、結婚式に行ってくるから帰りには太っている、とおばあさんが言ったら、
オオカミは「なるほど このばあさんは ほねばっかりだ」と言い、
クマは「なるほど このばあさんは かわばっかりだ」と言い、
ライオンは「なるほど このばあさんは すじばっかりだ」と言う。

「じゃあ、いってきな。ここで かえりを まってるぜ!」

孫娘はこんな危険で不条理な世界に動じない。
「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と笑っている。
そして、おばあさんが帰る時、カボチャの中に、スッポ〜ン!おばあさんを突っ込んで道に転がす。
そのおばあさん、靴はハイヒール・・・。

ケモノたちに、カボチャが話す。

「みーなかった みなかった
じいさんも ばあさんも みなかった。
ゴロロン ゴロロン カボチャよ はしれ!
はしれよ カボチャ ゴロロン ローン!」


帰宅したおばあさんの家には、おじいさんの遺影。
さっき、カボチャが、じいさん見なかったと言っていたのは・・・?
と、ふと思う・・・。

これは、ハロウィンのジャックオーランタンと関係があるお話なんだろうか?
posted by B&M at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

0835『「30代」でやっておきたいこと』

★★★3
「30代」でやっておきたいこと [単行本(ソフトカバー)] / 川北 義則 (著); 三笠書房 (刊)
「30代」でやっておきたいこと [単行本(ソフトカバー)] / 川北 義則 (著); 三笠書房...

「言い訳していいわけはない」と覚えておこう。(p27)


この本が必要、と思って手にしたのだから、現状に不安や不満があったのだろう。
正直、「30代のバイブル!」みたいなことはなかった。
結果として得られたのは、もともと漠然と自分が考えていたことだった。
それを確認し、明確化できたのだから、本書を読んだ目的は達成出来た。

それは要は、
・健康、体力、勘
・夢を追う
・「一人遊び」を始める
・言い訳、口癖に注意
・人脈(礼儀作法)
ということだった。

本の最後にあった、同著者の「20代でやっておきたいこと」の宣伝のページでも、
・チャレンジ
・人脈(先輩にかわいがられる)
・「一人の楽しみ」(孤独)
みたいなことが書いてあった。

「一人の楽しみ」(孤独)に関しては、0082『孤独であるためのレッスン』を読むことをお勧めする。

※あと、本書は、30代はとっとと結婚しろ、というようなことが書かれてあります。

最初にも書いたが、自分を相対化し、冷静に見つめ直すのに役立った1冊。

「人間をつくるのが理性であるとすれば、人間を導くのは感情である」(ルソー)(p.128)

posted by B&M at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

2013年10月の読書メーター

2013年10月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:573ページ
ナイス数:2ナイス

川の流れのように川の流れのように
読了日:10月26日 著者:美空ひばり
わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)
読了日:10月16日 著者:池上彰

読書メーター
posted by B&M at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする