2010年12月03日

0687『いい家を建てる』

★★★★4
いい家を建てる [単行本(ソフトカバー)] / 丸山 景右 (著); 中経出版 (刊)
いい家を建てる [単行本(ソフトカバー)] / 丸山 景右 (著); 中経出版 (刊)

0673『無垢の木と漆喰・和紙でつくる自然素材の家』の丸山氏の「イラストと図解」本。
中の写真は、『無垢の木と・・・』より画質が落ちる。転用もある。
が、それ以上に『いい家・・・』には、イラスト・図解が満載。
丸山氏の過去のビジネスツールだろうか、手書きの提案書なども見られる。
巻末「ホームベース」のイラストの豊富さは圧巻。

17ページのような家づくりの記録、ほしい。
作ってくれなかったら、自分で作りたい。

第2章のお金の話、わかりやすく、ページもさいてくれている。
僕が読んだのは第1刷、データは2007年、当時最新のもの。(その後データ差し替えたかどうかは不明。)
でも、今もそんなに状況は変わっていないのだなあ。
けっこうシビアにお金について語り、危険について指摘してくれる。
一読の価値あり。

「7.92%で低金利」の時代があった。(p71)

0686『家づくりの教科書』

★★★★★5
家づくりの教科書 2割の成功者になるために [単行本(ソフトカバー)] / 中野 博 (著); 東京書籍 (刊)
家づくりの教科書 2割の成功者になるために [単行本(ソフトカバー)] / 中野 博 (著);...

表紙に、「2割の成功者になるために」と書かれていて、この文句が「過剰なあおり」のような気がして、敬遠していたが、中身を見ると、懇切丁寧、よかった。

出版社が「東京書籍」っていうのが、いかにも教科書って感じでいいじゃない。

中身は家関係の書物にしては文章が多く、そのあたりも教科書、という感じ。
でも、中身は、著者中野さんの一人語りみたいな感じで、読みやすい。

はじめの「家づくりをする人のデータ」によると、6割が住宅関係の書籍を読み、その6割が4冊以上読んでいるそうだ。
もうけっこう読んできたけれど、それでもこの本は面白かった。

シックハウスのこと、有害物質については40ページから。

 この「すむ」には2つの漢字があてられていることをご存じでしょう。(…)もうひとつは「棲む」です。「木」を「妻」とすると書きます。こちらは「人」ではなく「木」が主体です。この「木」は単に樹木をあらわすだけではなく、植物ひいては自然をあらわしているのではないか、と私は想像します。(p49)


54ページにあった、風通しのための合掌造。中門造で雪かきの距離を短くする、などもなるほど!とひざをうつ。

住宅の2次性能(10年後の耐震・耐久性)について、59ページで結露対策。
「断熱」「気密」「換気」「冷暖房計画」をトータルに。
壁内で進行していると発見が遅れる。怖いことだ。

これに対して、日本の住宅は新築完成時を最高の価値として出発しますが、メンテナンスの習慣が乏しいことから、年月とともに確実に価値は下がっていきます。この点について、減価償却・税制システムを理由にあげる人もいますが(…)ちゃんとメンテナンスされた住宅は、価値が持続され高値で取引されている(p97)


98ページには、メンテナンスフリーとタックスフリー。
メンテナンスフリーとは、「不要」ではなく、「自由にメンテナンスできる」という意味だと。

100ページには、将来は住宅の解体が禁止?!

建築家、ハウスメーカー、工務店。
工務店についてもページをさいてくれている。
きちんとそれぞれのメリット・デメリットを突いている。
ハウスメーカーが後ろ盾している本などだと、これはわからない。
こういう本は貴重。

0685『ON!OFFICE』

★★2
ON!OFFICE~活性化のスイッチを生むオフィステ゛サ゛イン [単行本] / フィールドフォーデザインオフィス (著); エクスナレッジ (刊)
ON!OFFICE~活性化のスイッチを生むオフィステ゛サ゛イン [単行本] / フィールドフォ...

オフィスデザインについて考える。
図解多し、読みやすい。
つなぎ系、こもり系、出会い系。
いろんな形でオフィスに活力を与えるアイディアが満載。
中には奇抜なものもあるが、それを奇抜と思っていては、次の一歩がないのかもしれない?!
家づくりの参考に、と思って図書館で借りて眺めてみた。
自分の職場では、なかなか難しいので・・・。

 たとえば「カラオケ会議室」ではトライアンドエラーを奨励し、アイデアを広げるしつらえを検証しています。「屋台会議室」では会議を行う空間が移動し、フェーズに応じて成長します。「料亭会議室」は意思決定する人と準備する人に空間に役割を与えることで意思決定を効率化します。(p097))
posted by B&M at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。