2010年06月26日

0627『クーの世界』

★★★★★5

クーの世界

クーの世界

  • 作者: 小田 ひで次
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2008/11
  • メディア: コミック



はじめは取っつきにくく、敬遠していた作品。
でも、だんだんと引き込まれていった。

「お母さんに意地悪してんでしょ?山本さんのことならもう断ったから・・・いいかげんもう許してよう・・・」(p369)


中学1年生の「れねい」が主人公。

帯「おにいちゃん、この世界は誰のものなの?少女×異世界ファンタジーの名作、待望の復刊。」

村上春樹の世界観を思い起こした。
長いし絵柄も独特だけど、オススメです。
次は『拡散』を読んでみるか〜。

「なあにみんないつかは死ぬのさ。そろそろれねいと選手交替じゃ!あんただってちょっと前までは死んでたようなもんじゃろ。ばばはそろそろ終わったようなもんじゃし、れねいはまだまだ始まったばかりじゃけど、どっちも向こうに近くて・・・」(p104)
posted by B&M at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする