2008年12月14日

0396『コーヒーもう一杯』

★★★★★5
コーヒーもう一杯 II (2)
コーヒーもう一杯 II (2)
山川 直人

ここ最近読みつづけている山川直人氏の漫画だが、今回はコーヒーを題材にした連作短編集。
昔の作品のリテイクのようなものもありながら、独特の画風で胸にせまってくる。
夜のおとぎ話。
じわっと効いてくる。
いい。

古い記憶は
思い出すたび
磨かれていく(第2巻p126)
posted by B&M at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0395『バガボンド』

★★★★4
バガボンド 29 (29) (モーニングKC)
バガボンド 29 (29) (モーニングKC)
井上 雄彦,吉川 英治

終わっていない話は投稿しない。
マンガばかりにしない。
そんなルールも今ではなきに等しく(ルールは破るためにあるのよ)、でもとりあえずこの作品は二度と投稿しないことだけは確か。
必要あればそのうち書き直そう。

バガボンドの物語は遅々として進まず、でもそういうスローなところは今の僕らに必要な「形式」かもしれない。

武蔵が家を持つ?
刀とは?
29巻、「我」が出るところがすばらしい描写。

そして、この漫画のカバー後ろにいつも刻まれている、井上氏の言葉こそ、僕にとっては重要なもので。
目の前に見えている今は
今の「い」も言い終わらぬうちに過去になる
ただ享受するだけの過去(表紙カバー後ろ)

posted by B&M at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0394『春ノ虫虫』

★★★★4
春ノ虫虫―田村マリオ短編集 (F×COMICS)
春ノ虫虫―田村マリオ短編集 (F×COMICS)
田村 マリオ

もっとうわーっと浮かれて
救いようないくらい夢中になったりすんじゃないかな

・・・オレにはそーゆーのが足りない(p124)


初短編集にしては絵や話がうまい。
どれも暗いし、虫は出てくるし、サイコチック。
あとがきでも、田村マリオ氏の引きこもりな生活なんかが描かれていて(壁をじーっと……)、表紙カバーの後ろの著者近影みたいなところには、関東・東北・中部を転々とする、なんて……。
どんな素性の人なんだろう。
と思って調べてみたら公式サイトがあった。
結構適当な感じだけど、Worksとかウマイ。
Hole
「社会不適合者の穴」とかいう他の作品も読んでみたい。

何者だオレは
キツい 死ぬ
って時にだけ
生きてる気がする・・・
というのはいかがなものか・・・(p117)
posted by B&M at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする