2008年03月19日

0314『鵺の砦』

★★★★4
鵺の砦 (BEAM COMIX)
鵺の砦 (BEAM COMIX)
福島 聡

ヌエってなんだ。
鵺 - Wikipedia
よくわからないので、この作品の真意はわかっていないのかもしれない。

あとがきに病んでいるとか病んでいないとか書かれていて、大丈夫だろうかと思う。
この人の長編は読んだことがないが、成功したり失敗したりしているらしい。
やっぱりプロは大変だ。

でも、良質の短編が揃っていると思う。
ちょっとツメが甘いなあとか思うところもあって4つ星。
でも、面白かった。

「みかんスープの用意を」
「はい」
「・・・お前らほかに道は無かったのか?」(p188)
posted by B&M at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0313『わたしたちの教育基本法』

★★★★★5
『わたしたちの教育基本法』
大田 堯

Amazonでの取り扱いなし。
埼玉新聞社刊行。

この人の著作がなければ、僕は教師になっていなかったかもしれない。

 たとえば、子どもの教育について言えば、一人ひとりの違った子どもと、それぞれの出会いをなしえた親や教師らの一期一会の関係の中で、子育て・教育は子ども自身の内面から創出されるものです。その場合、その関係者の間での自主的判断によって、結果が生み出されるアートなのです。子育て、教育にあたるすべての親や教師は、自由なアーティストとみなされるべきです。(p32)
posted by B&M at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0312『イエローバックス』

★★★★4
イエローバックス 新装版
イエローバックス 新装版
高浜 寛

「それにたとえ才能があったってなくたって売れるかどうかは別問題だしね・・・
どっちにしても伝統芸術で食べていくのは大変よ・・・
はいコーヒー。ちょっと休んだら?」(p23)

ちなみにここでいう「伝統芸術」とは絵画のこと。

復刊。新装版。
帯「飾らずに生きる人々の日常の物語」
第一作品集のリニューアルだそうだ。

「貴美子は新しいタイプの女性ですから。お互い好きなことをして生きる。それでいいです。」(p36)


うつ女との不倫、心中しようとする男女、悪女、子どもたち、老齢の男女。
フランス映画みたいなこまやかさ。
すばらしい短編の数々。
描写がすごい。
これは、一度読んでみて、としか。

個人的に教育畑として気になったのは『青い絵本(キンダーブック)』。
崩れそうな少女の危うさが、怖い。

意味調べ。
イエロー・バックス:かつて発行されていた金証券は裏が黄色で金貨の絵が描かれていたことから、イエロー・バックスと呼ばれていたそうな?(紙幣 - Wikipedia)うーん、どういう意味だろう。ちなみに、イエロー・ブックといえば、これ。(0024『黄色い本―ジャック・チボーという名の友人』)
キンダーブック:kinder-bookで該当する言葉なし。幼稚園用の本とかいう意味か?これも意味わからん。
posted by B&M at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0311『論文の書き方』

★★★★4
論文の書き方 (岩波新書)
論文の書き方 (岩波新書)
清水 幾太郎

論文を書く、文章を書くことについての本。
感銘を受けたところ多し。

いや、大自然を写し取るのではなくて、小さな画布の上に自分で大自然を創造するのである。(p11)


参考:25peso|名刺について3(美しさについて)
posted by B&M at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0310『京極夏彦が選ぶ!水木しげる未収録短編集』

★★★3
京極夏彦が選ぶ!水木しげる未収録短編集 (ちくま文庫)
京極夏彦が選ぶ!水木しげる未収録短編集 (ちくま文庫)
京極 夏彦,水木 しげる

水木しげるさんの漫画は、どこか異空間。奥行きが深い、人生の奇妙な広大さを暗示しているみたいな。
不条理みたいな?
けっこうジャンルも幅広くて、楽しめる。

ホントにまずいことをしたよネ
女の場合コチョコチョ菌は下の粘まくから出る(p262「コチョコチョ菌」)
posted by B&M at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする