2008年02月24日

0304『一億三千万人のための小説教室』

★★★★4
一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))
一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))
高橋 源一郎

25peso | もろもろのこと 2004.10.30でこの著作について触れているので、その頃初読したのだろう。
あの頃の文章をリロードしつつ。

高橋氏がNHK「課外授業ようこそ先輩」で授業したときのことを書かれていて、そのときの宿題、「まわりの人に文学とは何かを聞いてきなさい」の、生徒たちの回答がおかしくて笑えた。
教育なんだ。
でも、高橋氏は途中で「教育と文学はまったく反対方向を志向するものである」と述べる。
小説は、自由で、右脳的だ。
でも、モラルの低下とか問題になるけど、自由って、そのさじ加減は難しいのよ。

「ぐっと短いあとがき」で、カッコなしの小説と、カッコありの「小説」とが比較される。
銀河星雲の中心にある濃厚な星の群が小説で、そのまわりの星屑やガスのようなむすうのことば、これが「小説」。
 「小説」とは、小説の素になるもののことです。
(…)
 小説の歴史は、その星屑やガスが、すなわち「小説」であったものが、小説というものに変化してゆく歴史でした。(p181)
これがすごく、ぱーん、と、突き抜けるような感じがした。

ことばは現実世界のもやもやに、いろいろと名前をつけることで、人間にそれを認識させるものだ。
例えば、これが本、これが椅子、これがニンゲン。
時には目に見えないものも、神、心、愛。
小説作品もそうで、現実世界(高橋氏のいう「小説」)のいろいろなもやもやに形をつけて、題名というインデックス(*1)をつけて、この現実世界の空気、雰囲気、事件、関係性などをひとかたまりにして、目に見える形で読者に提示することなのだなあ!と思った。

それは名詞的な働きを持っていて。
例えば、
椅子:足があって人を座らせるもの、木であったり、四つん這いになった人間であったりもすることがある。
というふうに、「椅子」という名詞のことばは、ある一定の事実をコンテンツとして内包する。
小説作品もそうで、
ねじまき鳥クロニクル:夫婦の関係と歴史と日本とのなんやかや!
といったひとつの読書経験コンテンツを、「ねじまき鳥クロニクル」という名詞のことば、この題名が内包するに至る。
読書して読み込んで立ち上がったり、すかさず忘れたり、泣いたり、笑ったりしたその体験ぜんたいが、まあとりあえず題名のもとにひとつ、コンテンツとして存在しはじめる、それが小説なのではないか。
小説というのはことばの羅列、ことばの氾濫、キャラクターたちの複合、事実事件の複合で生まれてくるとても複雑なものだが、それらが最後ひとつの形として閉じた円環、作品になって題名のもとに鎮座するとき、
(A)椅子:(B)足があって人を座らせるもの、木であったり、四つん這いになった人間であったりもすることがある
というふうな、新しい経験、(B)に当たる認識や経験のところの新しい創造、となるのではないか。
そんなことを考えた。

*1インデックスコンテンツ論考参照
posted by B&M at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0303『「わかる!」技術―すぐ使える8の頭脳スキル』

★★2
「わかる!」技術―すぐ使える8の頭脳スキル
高島 徹治

受験勉強のハウツー本をビジネス書化したみたいな。
でもわりかしわかりやすいし、それなりに得るところはある。

わかる、ということは難しい。
「わかる」とは何か、と思うととても哲学的である。
教育の快楽のひとつは、生徒達に「わかった!」と言わせることであろう。
この世の中、わからないことのほうが多い。
その中のひとつでも、「わかった!」と言わせられるか……。

 今、自分は、何を、何のために、どういう方法で、やっているのかを知る──これまでも強調してきたことですが、このように全体をとらえながら行動することこそが、効率よくものごとを進めるコツといえるでしょう。(p108)
posted by B&M at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0302『オレのまんが道』

★★★3
オレのまんが道―まんが家インタビュー (1)
根岸 康雄,少年サンデー編集部

高橋留美子、原秀則、楳図かずお、小林よしのり、大友克洋といったマンガ家たちのインタビュー集第一弾。
原さん、写真で見るとかなりやつれている!
大丈夫か?!
まあ、その後も精力的に作品を上梓していらっしゃるので、大丈夫なのでしょう……。

プロフェッショナル仕事の流儀でも出演された浦沢直樹氏のインタビューが印象的だった。
 とりあえず、いちから勉強するつもりで、半年間ペンを持たずに、バイトのかたわら本を読みまくり、映画を見まくった。その中で、自分にとって面白いものはどれだったか、逆に面白くないものはどれか、ベストテンみたいに並べて、自分の中のメジャー性を捜す作業をしたんです。(p156)
今、僕がこのブログでやろうとしていることは、こういうことでもあるのかもしれない。
つまり人情コメディーアクションみたいなもの。こまっしゃくれた子供に、やたら元気のいいジイサン、疲れた中年男、その中に悪いヤツがからんでと、そんなパターンのキャラクターを動かしていけば、ストーリーは出来るということもわかった。(p158)
posted by B&M at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0301『道をひらく』

★★★3
道をひらく
道をひらく
松下 幸之助

松下、ナショナルという名前は「パナソニック」に統合されけれど、しかし読んでいて偉大な人なのだろうなあ、まるで校長先生のようだ、いやそれ以上か、なんて思ったり思わなかったり。
ひとつひとつが短くて、まあ昨今の箴言ブームにはお手ごろかつ歴史的な一冊なのではなかろうかと。
 まことに逆境は尊い。だが、これを尊ぶあまりに、これにとらわれ、逆境でなければ人間が完成しないと思いこむことは、一種の偏見ではなかろうか。(p12)
松下氏についてはそのうち詳しく知りたいなあ。
テレビ的な単純なパーソナリティではなくて。
posted by B&M at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0300『やがて哀しき外国語』

★★★3
やがて哀しき外国語 (講談社文庫)
やがて哀しき外国語 (講談社文庫)
村上 春樹

村上春樹氏がプリンストンの大学に滞在した生活を2年に渡り雑誌『本』に連載したもの。
物書きの、また春樹氏という人間の生活が楽しい。

 それ以来コンピューターはいろいろとい買いかえて、試行錯誤をくりかえしてきたけれど、相変わらずマックです。だんだん「これがないともうやっていけない」というカラダになっていくのが、切なくもありますね。(p241 文庫本附記)
そういえばこの前の雑誌クーリエの写真、白のiBookだったなあ。Vaio君は左の脇に。右奥に見えていたのは、新潮社クレストの『奇跡も語る者がいなければ』ではなかったか。
posted by B&M at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0299『原稿用紙10枚を書く力』

★★2
原稿用紙10枚を書く力
原稿用紙10枚を書く力
斎藤 孝

原稿用紙10枚、という単位を書くための手引書。
斎藤氏らしく、わかりやすく、簡明。
書くという行為は、自分を支える行為としては、とても強いものである。それによって、自己確認をして、自分を肯定する力が湧いてくる。(p191)

原稿用紙10枚というのは、ひとつの単位だ。
豊島ミホ氏が、これがなければ作家になっていなかったかもしれないという、『gift』(古川日出男)を読んでいるが(作家の読書道:第55回 豊島 ミホ)、それの一篇がだいたい10枚くらいだった。
これで原稿用紙10枚か、と思った。
小説の書き方の本ではないが、だいたい原稿用紙10枚というと、確かに何かしらの意味がたちあがってくる枚数ではある。
 落語で三題噺というのがある。まるで関係のない三つの言葉、ネタ、話題をつなげて一つの話にするというものである。これはなかなかおもしろい設定で、三つの別々のテーマをつないで一つの話をつくるには、考える力が要求される。(p107)

文庫版が出ています:
原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)
原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)
齋藤 孝
posted by B&M at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0298『村上龍全エッセイ 1982‐1986』

★★★3
村上龍全エッセイ 1982‐1986
村上龍全エッセイ 1982‐1986
村上 龍

僕が生れた年から5年間に書かれたエッセイ。
5年間。
圧倒的な情報量、饒舌、鋭い語り口。

『コインロッカー・ベイビーズ』を書いていた期間の記憶は特殊だ。
(…)
 作家にとって、あのような小説は一生に一度ではないかと思う。
 また、「お前は作家以外の何者でもない」と私に知らせた小説でもある。(p159)

たびたび、若さゆえの生々しい感情なども読み取れる。
 このエッセイ集の五年間で、最大の事件は映画『だいじょうぶ・マイフレンド』の失敗だった。
(…)
映画の失敗の後、私はそれまでとは違って、ラフに小説を書きだした。
『テニスボーイの憂鬱』『69』『愛と幻想のファシズム』と、三本の連載を開始した。
 特に、『愛と幻想のファシズム』(発表は八七年)は、『だいじょうぶ・マイフレンド』の、失敗の呪咀のようにして書き続けた。(あとがき)

分厚い。自分で自分インタビューみたいな遊びもある。
情熱的で、いろんなことに対して精力的。
だから僕を含め、この偉大な作家からは元気をもらう、という人が多いのだろう。
posted by B&M at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0297『その気にさせるコーチング術』

★★★3
その気にさせるコーチング術―コーチと選手のためのスポーツ心理学活用法 選手の実力を引き出す41の実践法 (からだ読本シリーズ)
その気にさせるコーチング術―コーチと選手のためのスポーツ心理学活用法 選手の実力を引き出す41の実践法 (からだ読本シリーズ)
高畑 好秀

 コーチは練習中は厳しく、そして終了後は優しく選手に接するのが理想といえます。そして、コーチが見せる顔にメリハリがつくことで、多くのメリットが発生します。(p22)

去年チームスポーツの部活を持ったときに、0011『人生、負け勝ち』とか0019『オシム知将の教え』とかと一緒に読んだもの。
女の子相手ということで、別の難しさもあったが、けっこう参考になった。
現代は、「スポ根」とかの理念はなかなか通用しない。
難しい時代である。
 一つのミスが大きく流れを変えるといわれますが、その一つのミスのまえにも、実は小さなミスを何回か犯しているものです。(p109)
posted by B&M at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする