2021年03月09日

菊池先生の「ことばシャワー」の奇跡

★★★★4

子どもたちの可能性に、感動する。
「ほめる」教育に属する。
生きる力がつく授業。
posted by B&M at 16:29 | Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SOSの猿

★★★3

誰かが困っていると、私は、「どうにかしてあげたい」と思う。(p5)


五十嵐大介氏の漫画『SARU』と連動している。
posted by B&M at 16:29 | Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

子どものそばにすべてがある

★★★★★5
平松義樹先生の教育にかける生涯。
新しい教育実践学の誕生。
posted by B&M at 18:06 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"脳働"的な英語学習のすすめ 「プロ教師」に学ぶ真のアクティブ・ラーニング

★★★★★5

中嶋洋一先生の責任編集。
小中のアクティブ・ラーニング実践が読める。
posted by B&M at 18:04 | Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

勉強法の科学

★★★3

岩波科学ライブラリー211
心理学から学習を探る

図書館本
posted by B&M at 16:02 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図解アクティブラーニングがよくわかる本

★★★★4

アクティブラーニングについてわかりやすくまとめている。
・まずは説明を1分減らす
・席をたっていい
・採点を子ども同士で
などなど。

図書館本
posted by B&M at 15:51 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

ドラえもん社会ワールド 情報に強くなろう

★★★★★5

図書館本。

ドラえもんのマンガと、テーマに沿った情報のページと。
言うまでもないことだが、ドラえもんはおもしろい。
そして、SFマンガの中で描かれていた技術が、現代になってどんどん実現されていく未来。
想像力。

2018年刊。コロナ禍前。
「遠くはなれた人同士が顔を見ながら会話できる」(p62)などの項目もあり。
感慨深い。

ルールを守って正しく引用しよう。重要なことも書かれている。(p101)
コピペするのではなく、自分の頭で考えよう。
検索の方法。(p116)
そして、人工知能の時代へ。
posted by B&M at 10:47 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究って楽しい

★★★3

図書館本

マンガも典型的な学習マンガ的なのじゃなく、おもしろい。
というのも、大人がそう思うだけで、現在の子どもたちにとってはどうなのかしらん?
大人、子ども、という年は関係なくて、性格的なものかもな。

テーマは研究。
身近なものを研究して、社会をよくしていこう。
これまでの研究者。
ノーベル賞受賞者。
posted by B&M at 10:42 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10才からはじまるプログラミング図鑑

★★2
たのしくまなぶスクラッチ&Python 超入門
図書館本

2015刊
若干ドット絵などは見にくい。
欧米の子どもたちは読みやすいのか?

いまや、こういう本を読むよりも、例えばこんなサイトで無料で勉強するほうがやりやすい。
https://prog-8.com/

ただ、いろんな「意味付け」とか、「脱線」なんかは、こういう書籍でないとできないだろう。
posted by B&M at 10:40 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Googleものがたり

★★★★4

図書館
わかりやすい
2012出版
シリーズはFacebook、Apple、Googleと3巻目
その後、GAFAという言葉が流行するのがその6年後くらいか?
先見の明
「わかりやすい」は価値がない、ということではない。むしろ・・・。
posted by B&M at 10:37 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

吾峠呼世晴短編集

吾峠呼世晴

鬼滅の刃のもととなる作品から、いろいろ、作者のまなざしが随所に見られる。
才能の片鱗が見られる。

『マインドアサシン』とか、ジャンプのこういう話は好きだ。
posted by B&M at 14:32 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HARQUIN 〜The Fox who went down to the Valley

図書館本
英語絵本
JOHN BURNINGHAM

絵の具の迫力!

好奇心旺盛な主人公狐、禁止されていたにも関わらず、丘を下る。
人間のハンターに見つかってしまうけれど、脅威を来れなくすればいいと逆襲する。
殺されることなく幸せに暮らし、今では父親。
その子どもの一人はまた遠くへ憧れる……。
posted by B&M at 14:30 | Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

歩くはやさで

★★★★★5
歩くはやさで - 文・松本 巌  絵・堺 直子
歩くはやさで - 文・松本 巌  絵・堺 直子

少し辛いだけなら
新しい花を飾ろう
歩くはやさで 季節はめぐる 私のまわりを


絵本
図書館本

ICTだなんだと言っているが、大切なことは忘れちゃいけない

現代人は、デトックスではないが、奪われているのかも知れないということまで、意識して生きなければならないのだ。

便利さを享受する自分をメタ認知。

行列ができるという評判のレストラン。
料理の評価も、店の内装も、訪れる前から口コミサイトで知っている。
ほんとうはサプライズだったはずの
店主のオススメにも、驚けない。

トクしたい。ムダはイヤ。楽して楽しいがいい。
でもそれは、いつも何かを得たようで
奪われているのかもしれない。
(あとがき)
posted by B&M at 15:41 | Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★★★3
凪 nagi - 木村 尚樹
凪 nagi - 木村 尚樹

図書館本

ほとんどの写真はどこか生々しく、あるいは軽々しく、
ともに暮らしたいとは思えなかった。
(…)
「アートとしての写真」がある暮らしを届けたいと願った。(凪の記憶)


モノクローム写真集
永遠=凪

フランスの写真家、プルーストは言った。
物事の真意とは目に見える範囲のものではなく、
感性もまた情報の蓄積によってもたらされたものではないと。
私たちは、記憶に基づく「芸術」作品として、人生を認識しているのだ。(ラファエル・ヴィニオリ 建築家)
posted by B&M at 15:40 | Comment(0) | 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

『教師のためのパフォーマンス術』

★★★3
実践 教師のためのパフォーマンス術―学ぶ意欲を引き出す考え方とスキル - 上條 晴夫
実践 教師のためのパフォーマンス術―学ぶ意欲を引き出す考え方とスキル - 上條 晴夫

図書館本。
他文化世界で暮らすアメリカ人にとっての基礎的教養の一つである、パフォーマンス理論と非言語的コミュニケーションの理論がもとになっている。

教える人のパフォーマンス能力を考える、
キャラクター、
距離を使ってメッセージする、
リアクションの技、
非言語で子供の心を読む、
MC型教師のススメ

教師の所作について学び、教育的効果をあげようというもの。

向山先生、齋藤孝先生などを取り上げて述べられている。
posted by B&M at 13:20 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

教育研究のための質的研究法講座

★★★3
posted by B&M at 20:36 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

1185『キー・コンピテンシー 国際規準の学力をめざして』

★★★3
キー・コンピテンシー - ドミニク・S. ライチェン, ローラ・H. サルガニク, 立田 慶裕, 今西 幸蔵, 岩崎 久美子, 猿田 祐嗣, 名取 一好, 野村 和, 平沢 安政
キー・コンピテンシー - ドミニク・S. ライチェン, ローラ・H. サルガニク, 立田 慶裕, 今西 幸蔵, 岩崎 久美子, 猿田 祐嗣, 名取 一好, 野村 和, 平沢 安政

図書館本。

OECDの学力観の根拠となっている。
新学習指導要領「主体的、対話的で深い学び」でも、コンピテンシーベースの学力が求められている。

本書ではキー・コンピテンシーを3つの広いカテゴリーに分類している。
第一に、「相互作用的に道具を用いる」能力である。
第二に、「異質な集団で交流する」能力。
第三に、「自律的に活動する」能力である。
posted by B&M at 15:23 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

読書ブログの効用について

さて、目標だった1000冊を越えてもまだこの読書ブログを続けています。

本を買って、あるいは図書館で本を借りて。
この頃ではKindleで借りて、Kindleで買って、読むことも。
読み上げ機能や朗読されているものを、耳で聴く読書もしています。
それぞれの体験をもとに、しかし、読み終わったときに、とりあえず記録する場所があるのは、いいことだと感じています。

いろいろなやり方で読書をするようになってきました。
それらを一元管理して、記録しておくことには意味があるように思います。

読書のスピードとか、読書後の保管場所もさまざまになってきました。
書棚に収まる本、図書館へ帰っていく本、電子データとして見えなくなっていく本。
そういう意味でも、一元管理は便利です。

ブログを見返すときは、自分の本棚を眺めるときに似ています。
自分の読書の履歴を眺めて、ああ、そういえばひと月前、こんな本読んだんだったよなあ、とかって思うのは楽しいことです。
でも、昔、自分の本棚を眺めていたときとは、体験は異なります。
まず、背表紙ではなくて、すべて表紙を眺めながらふりかえることができます。
そこに、引用文とか、そのときの気分メモとか、日付とかが加わっています。
昔のリアル本棚なら、本の奥付に書いておくこともできたし、ふせんを貼ることもできたし、というところです。
ただ、本棚の前に立たないとそれはできなかったことが、いつでもどこでも、見返すことができる、というところは違います。
また、いちいち手にとることなく、その引用文とかコメントとかを一緒に見ることができます。
リアル本なら場所もとるし、ただただふくれあがっていく、それで猫ビルとか、本棚用の別の部屋を借りたり、それで床を抜かせてしまったり、とか、そういう話もありましたけれど、今は無限に広がる四次元ポケットのようなものの中に収めることができる。
ちょっとめんどくさいですが、自分の場合、アマゾンリンクを貼っているので、クリックすると、購入している本はアクセスが楽ですし、手放してしまった本でも、Kindle化されているものなら、試し読みやサンプルダウンロードで見返して空気感とかを確かめることはできます。
リアル本で読んで手放したものでも、Kindle版のほうで読み返すこともできます。

新しい読書管理だなあ、と思っています。
posted by B&M at 18:53 | Comment(0) | 管理者日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1184『まんがで知る教師の学び3』

★★★★★5
まんがで知る教師の学び3━━学校と社会の幸福論 - 前田康裕
まんがで知る教師の学び3━━学校と社会の幸福論 - 前田康裕

図書館閲覧、Kindle購入。

今回は学校、カリキュラムから、地域連携、学校と社会のありかたです。
熊本で教鞭をとる著者が、熊本地震で経験したことなどをもとに描かれています。
圧巻。
posted by B&M at 18:45 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1183『ブレンディッド・ラーニングの衝撃』

★★★★4
ブレンディッド・ラーニングの衝撃 「個別カリキュラム×生徒主導×達成度基準」を実現したアメリカの教育革命 - マイケル・B・ホーン, ヘザー・ステイカー, 小松健司
ブレンディッド・ラーニングの衝撃 「個別カリキュラム×生徒主導×達成度基準」を実現したアメリカの教育革命 - マイケル・B・ホーン, ヘザー・ステイカー, 小松健司

Kindle購入。
注意:雑誌のような形で、テキストベースではありません。従って、読み上げ機能や
ハイライト機能などは使えません。どうして〜。

ブレンディッド・ラーニングとは、ICTでの個別学習と、教師や仲間との集団学習とを「ブレンディッド」、混合させてする教育のことで、アメリカが主に取り組んでいる。

モデルにもいろいろあって、
・ローテーション
・フレックス
・アラカルト
・通信制教育
などある。

要は生徒が自分自身の習得状況や能力などから、自分の中に情報をインストールするのは個別に行う。
それが、時間割の中でやっていくのか、自宅で自分のペースでやってくるのかなどが違う。

集団になったときは、練習、議論、討論などを行う。
表現、芸術性、多様性(ダイバーシティ)を味わう。

ICT機器の発達により、ドリル学習などが、必要に応じて何度もくり返せたり、必要なところはら始められたりするようになってきた。
個別に最適化された学びで、あるいはていねいに、あるいは効率的に、知識習得の部分はやれてしまうかもしれない。

今後の学校のありかたを考える上で、重要な一冊になりそう。
posted by B&M at 18:16 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1182『なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか』

★★★★★5
なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか - 山本 崇雄
なぜ「教えない授業」が学力を伸ばすのか - 山本 崇雄

Kindle購入。

教えない授業、というのは、授業で教え込むのではなく、子どもたちが学びにくる、というようなことを目ざしている。
問題解決能力を育てていく教育を目ざしている。
posted by B&M at 18:08 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1181『普通の主婦が東大大学院に合格して自分の人生を見つけた超勉強法』

★★★★4
普通の主婦が東大大学院に合格して自分の人生を見つけた超勉強法 - ただっち
普通の主婦が東大大学院に合格して自分の人生を見つけた超勉強法 - ただっち

図書館本→Kindle購入。

だらだらとして、甘えもあった生活から、一念発起。
東大大学院(!)に入学しようと思い立ち、入学してしまった話。

社会人になっても、学び直せる、という、リカレントの流行(?)にあわせた本。
そして、今後のスタンダードに……なっていくかな?
posted by B&M at 17:58 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1180『まんがで知る教師の学び2』

★★★★★5
まんがで知る教師の学び2――アクティブ・ラーニングとは何か - 前田康裕
まんがで知る教師の学び2――アクティブ・ラーニングとは何か - 前田康裕

図書館で読んで、kindle本購入。
この本に、出会えて良かった。

教師の学び直し、自己研修に最適。
posted by B&M at 17:55 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1179『みみずくは黄昏に飛びたつ』

★★★★★5
みみずくは黄昏に飛びたつ: 川上未映子 訊く/村上春樹 語る (新潮文庫) - 未映子, 川上, 春樹, 村上
みみずくは黄昏に飛びたつ: 川上未映子 訊く/村上春樹 語る (新潮文庫) - 未映子, 川上, 春樹, 村上

Kindle本。
村上春樹さんに、川上未映子さんがインタビューしているもの。
川上さんの小説はまだ読んだことがないが、春樹さんと話のうまがあうというか、それはフィーリングと、綿密な事前予習などもあるのだろうけれど、文学的に近しいものなどもあるのだろうか、とても上手に話を聞いている。
posted by B&M at 17:53 | Comment(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1178『幸せの時間』

★★★★4
幸せの時間 : 1 (アクションコミックス) - 国友やすゆき
幸せの時間 : 1 (アクションコミックス) - 国友やすゆき

Kindle Unlimited読み放題。
昼ドラマみたいな、不倫もの。
でも、なんだか読ませてしまう。
語りのうまさ。
posted by B&M at 17:50 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1177『芥川賞ぜんぶ読む』

★★★★4
芥川賞ぜんぶ読む - 菊池 良
芥川賞ぜんぶ読む - 菊池 良

図書館本。
これまでの芥川賞受賞作品をすべて読むという途方もない試み。
そして、最後に一言。

「あらゆる時代にいい小説を書こうとしている人がいた」。
posted by B&M at 17:47 | Comment(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

1176『学び続ける理由』

★★★3
学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。 (働く理由シリーズ) - 戸田智弘
学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。 (働く理由シリーズ) - 戸田智弘

図書館本。
特に、「教えることは学ぶこと」のところが響いた。
教える立場なのに大学院で学び直しているのだが、学ぶことを忘れてはいけない、学ぶことを思い出さなければならない、というか、学ぶことを人生に刷り込まなくてはならない、と思っている。

No.80
教えることは二度学ぶことである。

No.87
学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない。

No.88
己を勉めずして人に勉めしめんとするは難しいかな。
posted by B&M at 11:16 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1175『知識だけあるバカになるな! 何も信じられない世界で生き抜く方法』

★★★★4
知識だけあるバカになるな! - 仲正 昌樹
知識だけあるバカになるな! - 仲正 昌樹

図書館本。
挑発的なタイトル。
そして、そんな、知識だけあるバカにはなりたくない!と思った。

”先人が示してくれた道筋に従っていく"のが「正しい」とどうして言えるのか、と疑問に思ってしまいますね。(P29「「学問の方法」を活用しつつ「疑う」」)


疑う、ということを知れ。
批判的であれ。
戦争やホロコーストは、施政者が起こすものじゃない。
我々ひとりひとりがいなければ、起きないんだ。
posted by B&M at 11:11 | Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1174『映画をつくった人』

★★★★4
「映画」をつくった人 世界初の女性映画監督アリス・ギイ - マーラ・ロックリフ, シモーナ・チラオロ, 杉本 詠美
「映画」をつくった人 世界初の女性映画監督アリス・ギイ - マーラ・ロックリフ, シモーナ・チラオロ, 杉本 詠美

図書館本。

映画の黎明期に、フランスからアメリカへ渡り、数々の作品を生み出した、世界初の女性映画監督と言われる、アリス・ギイの絵本。

映画史がはじめて出版されたとき、そこにアリスの名前はありませんでした。アリスの作品はたくさんのっているのに、監督はアシスタントの男性たちの名前になっています。


男女差別の、あからさまな現実。
創作、戦争の気配、おばあちゃんになって、自ら自伝を発表しようと思い立つ。
なかなかおもしろかった。
posted by B&M at 11:07 | Comment(0) | 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1173『アウトライナー実践入門』

アウトライナー実践入門 〜「書く・考える・生活する」創造的アウトライン・プロセッシングの技術〜 - Tak.
アウトライナー実践入門 〜「書く・考える・生活する」創造的アウトライン・プロセッシングの技術〜 - Tak.

図書館本。
リンクはKindle版だが、読んだのはリアル本。

1110『アウトライン・プロセッシングLIFE: アウトライナーで書く「生活」と「人生」』とか、1113『アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術』とかから、まとめられて作られた本みたい。

コラム5の「借り物じゃない「ミッション」を見つける」などが響いた。
「7つの習慣」の「ミッション・ステートメント」だが、すぐに書けるわけがない。
ということで、「Clear」という、毎日変更、書き換える、人生のアウトラインを活用していくことに。
ミッション・ステートメントも、そこから起ち上がってくるというもの。
posted by B&M at 10:49 | Comment(0) | 整理法・手帳・書斎・家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする