2018年05月15日

0991『刑務所いたけど何か質問ある? マンガ『刑務所なう。&わず。』完全版』

★1
刑務所いたけど何か質問ある? マンガ『刑務所なう。&わず。』完全版【文春e-Books】
刑務所いたけど何か質問ある? マンガ『刑務所なう。&わず。』完全版【文春e-Books】原作:堀江貴文 漫画:西アズナブル

漫画はうまい。
こういう、「コミックス化」は、今後もさらに技術を上げて続いていくんだろう。

この完全版は、3巻シリーズをまとめたようだ。
「なう」から、過去形の「わず」まで。
刑務所の中について、いろいろ描いていて面白い。
そういうルポと、堀江氏の前向きな姿勢や、掃除やなんやに取り組む姿勢などを面白く読んだ。

ぬう…
耐えろオレ…
この不条理に…
我慢…
我慢だ…(no.25)
posted by B&M at 02:13| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0990『やる気クエスト』

★★★★★5
やる気クエスト(6) (純コミックス)
やる気クエスト(6) (純コミックス)/作画:岡野純 監修:佐々木正悟

「やる気」が出ない?!
やる気がコントロールされている世界。
スマホアプリでファンタジーゲームの世界へ。
そこで、「やる気の地図」を埋めるために、冒険をはじめて……。

読んでいるうちに、「やる気」についてわかっていく。
そして、全6巻を読み終えるうちに、なんだか元気になっていた。
著者の「マンガ化」力もなかなかだ。へたうまだが、よく伝わってくるし、何より、「読ませる」のは、その画の、その物語の、その展開の奥に、何かがあるからだ。
読んでいる人にとっての大切な「気づき」のようなものが。

オススメです。

Kindle読み放題。

あの日以来、「やる気クエスト」のアプリのアイコンはグレーになったまま
いつか強制ログアウトされたときのように
あの冒険のおかげで、やる気の仕組みはだいたい分かったつもりだ
でも……(6巻No.75)
posted by B&M at 02:07| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0989『火の山』

★★★★4
火の山
火の山/手塚治虫

Kindle99円。安い!

久々に手塚治虫を読んだ。
表題作の「火の山」は、自然と、それに魅せられた学者などの人たち、またそれを壊す人たち。
それを淡々と描いていた。
さすが手塚治虫、と思った。

ーー自然に山が崩れるのならいい
だが 人間の手で山を崩すのは
……いかん……(No.224)
posted by B&M at 02:00| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0988『池上彰 池上式仕事術』

★★★★4
池上彰 池上式仕事術
池上彰 池上式仕事術

上リンクはAmazonだが、iTunesのオーディオブック(オーディブルでお届けします、とコンテンツは言っていた。オーディブルはAmazonの商標?)で読んだ(聴いた)。
iTunesのほうが、Amazonより数十円安かった。

iTunes-池上式仕事術

ビジネスパーソンにエールを送りたいと思います。


池上彰さんご本人の肉声で聞けるというのはよかった。
そして、自然と元気が湧いてきた。

 ***

<Kindle読書方法について>
この本(オーディオブック)ではないが、この頃、iOSの読み上げ機能(設定/アクセシビリティのスピーチ)を使って、Kindle本を読み上げさせてみている。
年号(1930年とか)とか、いろいろおかしな読み方をすることもあるが、けっこうイケる。
運転するときや、寝るときに、このスタイルの読書は使える。
またひとつ、読書の機会が増やせて、よかった。
posted by B&M at 01:56| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

0987『一生使える見やすい資料のデザイン入門』

★1
一生使える見やすい資料のデザイン入門
一生使える見やすい資料のデザイン入門/森重湧太

資料をわかりやすく提示するには……。
その基本が、ざっくり読めた。
左の悪い例から、右の良い例へ。

Kindle読み放題。

個人的には、
・矢印ひとつでシンプルに
・スライドいっぱいに拡大して文字を載せるスタイリッシュなデザイン

に、膝を打った。
posted by B&M at 06:25| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0986『必要十分生活』

★1
必要十分生活
必要十分生活 たっく

「必要十分」な生活。
断捨離、シンプルライフ、そういうものを実践してみた著者なりの記録、という感じ。
分量は多くなく、Kindle Unlimitedで無料で読めたので読んだ、という感じ。
僕のKindle体験のための本、という感じだった。
既知の内容が多かったが、実践者のそれとして親近感をもって読めたので、面白く読めた。

そのようなものは、見るたびに一瞬ですが「ああ、これをどうしようかな」という気持ちになり、少しずつあなたの元気を奪っていきます。そして、本当に大切な人に優しくしたり、一緒に楽しく過ごす時間や余裕を奪っていきます。(n78)


下着は3枚、写真を撮って捨てる、プリンターはいらない、思い出は思い出して楽しむなど、そうだそうだ、そうだった、という感じ。
Kindle自体、リアル書籍を減らし、データ化していくことを助けるので、これを機に、ほんとうにいろいろ身軽になってみようと思い、先日、大紙袋いっぱいに本を売りに出し、同じくらいの本をビニル紐で縛って古紙回収に出し、また同じくらいの紙の束を捨て、封筒整理法を間引きしたりもしている。

 ***

<Kindle読書方法メモ>
Kindle PaperWhiteで読んだ後、「ハイライト」と「メモ」に関しては、メールでエクスポートできるのが一番便利そうだ。
メールにPDFとCVSがデータで添付されるので、受信したら「Kindle読書履歴」として、自動的にフォルダに入るように振り分けた。
これによって「Unlimited:読み放題ライブラリ」からも「利用を終了」できそうだ。(Unlimitedは10冊までしかキープできない!)
前後をもっと長く読み返したければまた「読み放題で読む」でダウンロードすればいいわけだが、Amazonは予告なしに無料をやめる場合があるそうなので、その場合は諦めるか購入するか図書館に行くか……。
ちなみに「しおり」データはエクスポートできないので、読了後にチェックするクセをつけたい。
図書館の本につけた付箋のような感覚で。
posted by B&M at 06:05| Comment(0) | 整理法・手帳・書斎・家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

0985『1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣』

★★2
1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣
1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣 ケビン・クルーズ

Amazon KindleのUnlimitedにて。
Kindle本の初投稿になる。

ToDoリストはむしろ、「消えることのないウィッシュリスト」と呼ぶべきだろう。(No.341)


タイトルにあるように、「1日は1440分しかない。」という意識のもと、やるべきことをどんどんやっていかないと、という気持ちにさせてくれた本。
ToDoリストに入れてもやらないだけ、1440分しかない時間のスケジュールに15分単位で入れていくべき、というところはうんうんと頷けた。
昔、斎藤孝氏に習い、3色ボールペンで、1週間1ページの手帳で時間管理をしたことがある。
そのときのことを思い出したし、またそのように時間管理する必要があるな、と感じた。

「今後も、やらなくてはならないこと、やったほうがよいことは常に無限にあるし、やりきれる量を常に超えて(n632)」あるから、精選して、それをスケジュールに組み込んでいかなければならない。
また、時間には限りがあるのだから、「一度しか触らない(n1598)」という覚悟のもと、その仕事と向き合っていくことも大事。

もしルールを破ったら、「スティックを通じてそのお金を全米ライフル協会に寄付する(n559)」というのは、銃規制に賛成、という方なのだろう。

著者は、ブッシュ大統領の秘書も務めたことがあるとか。

巻末付録の「時間管理の名言ベスト110」もすごいリストだった。
特にお気に入りは、
「私たちが先延ばしをしている間に、人生は私たちを置き去りにして突っ走る。」(セネカ)。

 ***

ところで、Kindle読書だと、今までは引用は自分で手打ちしていたのだが、Kindleでハイライトすると、Webページ「Your Notes and Highlights」から、コピペできるようになったので、そこは楽になった。
Kindleには「ページ」という概念はなく、「位置No」なので、引用場所表記にはそちらを使った。(電子書籍なのでフォントの大きさや行間を自由に変えられるが、変更にかかわらず、「位置No」は同じになる。)

また、KindleからはメールでPDFと.csvファイルに、パソコン版アプリのKindleではhtmlファイルに(こちら(Mac版?)ではエクスポートは全体の1%程度と制限があったり、ところどころに半角スペースが入るなど、不備があるようだ)、エクスポートしておくことができる。
Unlimitedで本を「返却」しても、ハイライトやメモ情報は破棄されないらしいので、また本を借りればハイライトなどは見られるようだが、Unlimitedから本がはずされて、有料になる場合もあるようなので、必要だと思う場合は、エクスポートしておくようにしよう。
著作権などの絡みもあるのだろう、なかなかそこまでフリーにはできないようだ。
posted by B&M at 04:45| Comment(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

0984『独裁力』

★★2
独裁力 (幻冬舎新書)
独裁力 (幻冬舎新書)川淵三郎

Jリーグの立役者。
今度はバスケットのBリーグに貢献。

Bリーグについてと、
その、トップダウンで独裁的に決断を下してきたというリーダーシップ、あるいは独裁力について学びたくて。

 しかし、僕はリーダーは育てるものではなく、育つものだと思っている。そもそもリーダーを育てるなんて、おこがましいと思うのだ。(…)だから、育てるというより、その才能を見逃さず、見極めて伸ばす環境を与えることを大事にすべきだと思っている。(p150)


Bリーグのすったもんだ。
リーダーは私利私欲があってはいけない。
自分自身を賭して改革を断行した"お年寄り"。
学べることは多くあった。
posted by B&M at 15:07| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0983『脳を活かす!必勝の時間攻略法』

★1
脳を活かす!必勝の時間攻略法 (講談社現代新書)
脳を活かす!必勝の時間攻略法 (講談社現代新書)吉田たかよし

医師で元NHKアナウンサーで、衆議院議員第一秘書も務めた"奇跡のマルチ人間"が伝授する鉄則30。
午前中に集中する、
細切れ時間の中にも"1分、10分、30分の法則"を意識する、
などのアドバイスがあった。

本の値段は、あなたの時給よりはるかに安いはずです。本の代金を惜しむよりは、あなたの時間が持つ経済的な価値を惜しむべきなのです。(p148)


時間の使い方について、再考させられた一冊。
ただ、今までにもこの手の本は読んだことがあり、そこまで参考になったわけではない。
この人の経歴や、まだこういう類いの本を読んでいない人などには、良い一冊になるかもしれない。
posted by B&M at 14:58| Comment(0) | 整理法・手帳・書斎・家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

0982『アマゾンが描く2022年の世界』

★★2
アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」 (PHPビジネス新書)
アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」 (PHPビジネス新書)田中道昭

アマゾンのネットショッピング。
アマゾンのアフェリエイト。
はじめは、このあたりのサービスに驚いていた。
Mac関連のものも、普通の本屋にはない本も、近所のスーパーにはない優れた日用品も、電子ピアノも、レゴも、アマゾンでなら買えた。
さらに、価格も安かったりした。

更に、アマゾンのお急ぎ便。
頼んだ物がこんなにも早く届くようになった!
アマゾン・プライムビデオ。
Huluを解約しても、十分だ!

そして、アマゾンの電子書籍リーダー、Kindle。
読み放題サービス、Unlimited。

ユニクロ(…)は、(…)アマゾンの通販サイトには出店しない方針を表明しました。(p129)


そんなアマゾンの「要塞(p272)」に囲い込まれるかのように思う昨今、あるいは、中国アリババとの対峙。
LINE、Siri、Googleなどの追随はあるのか?
僕自身のアマゾンへの依存度も上がっている今日この頃なので、手に取った一冊。
宇宙への進出やら、いろいろ参考になった。
posted by B&M at 14:53| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする